感情をコントロールするために医療機関でも取り入れられている療法

うつ病に効果的な治療

おもちゃ

ぬいぐるみを使ったうつ病の治療

ぬいぐるみ療法という言葉はご存知ですか。実はうつ病の治療法の1つなのです。ぬいぐるみなんて子どもの遊びで、うつ病に効果があるのか疑問を持ってしまう人もいるかもしれませんね。しかし、ぬいぐるみ療法には精神を落ち着かせ、癒し効果があることが事実です。それでは、具体的にどのような効果や作用があるのかをお話していきます。まず、孤独や不安から解消される効果が得られます。人間は何かに触れることで癒しを感じることができるそうです。可愛らしいぬいぐるみは、不安やストレスに蝕まれた精神を落ち着かせる作用があります。お気に入りのぬいぐるみに触れることで、心が安らいだり穏やかになることってありませんか。そして、ぬいぐるみを抱きしめることにより、自分自身を抱きしめている気持ちになることがあります。ぬいぐるみに自分自身の寂しさや孤独などを投影して抱きしめることで、自分を受け入れてあげるのです。自分の弱いところを自分で理解してあげることで、心を癒します。また、幼少期の家庭環境が原因で、成人しても生きづらさを抱えているアダルトチルドレンにも効果があると言われています。うつや不安感を持つアダルトチルドレンの心を癒してくれる効果があるのです。

うつ病の治療に効果があるぬいぐるみ療法ですが、どこで行うことができるのでしょうか。準備や申込みがいるのかも気になるところですよね。まずうつ病の疑いがある場合、心療内科や精神科に行って専門医と相談するのが良いかもしれません。うつ病は自分で判断することが難しいので、専門医とのカウンセリングは必須と言えます。それから医師にぬいぐるみ療法について聞いてみることが良いでしょう。ぬいぐるみ療法は病院でなくても、自宅で実践ができることがメリットです。自分の気に入っているぬいぐるみを用意すれば、誰でも行えます。ペットに話かけるように、自分の気持ちをさらけ出せば良いのです。最初はおはようや行ってきますなどの簡単な挨拶だけでも大丈夫です。スキンシップをとることが大切なので、小さな会話から始めてみましょう。これだけでも、少しは状態が変わることがあるのです。しかし、自分であれこれ行うよりも、医師のもとでアドバイスをもらいながら実践した方がより効果が出ることは確かです。なので、まずは心療内科や精神科で行うことが理想的となります。

Copyright© 2019 感情をコントロールするために医療機関でも取り入れられている療法 All Rights Reserved.