感情をコントロールするために医療機関でも取り入れられている療法

自分だけの味方

カウンセリング

ぬいぐるみの癒し作用で不安や悩みを解消

ぬいぐるみ療法は世界中でも認められる精神安定療法の1つです。方法は簡単でぬいぐるみがあれば良く、抱きしめたり話しかけるだけです。手軽に始められる事に対して効果が高いので注目されています。使用するぬいぐるみの大きさには特に指定はありませんが、自分の好むサイズが適切です。小さい場合は頬ずりできますし、大きければ抱きしめやすくなります。ぬいぐるみ療法に掛かる費用はそのぬいぐるみの値段になります。ブランドにも価格は左右されますが、サイズはノーブランドでも相応の価格設定がされています。人間サイズだと1万円以上は掛かりますが、大きければ効果が高いと言うものではないので最終的に自身の好みになります。新たに費用を発生させずに済むのが、昔から使用しているぬいぐるみです。子供の頃に使用していた場合は、その頃の懐かしい記憶も呼び起こされてより安心感は増します。癒し効果が高いぬいぐるみ療法では、この様に馴染みのものが何よりも効果が高まります。動物でもキャラクターでも、自分の好みで良いので試す場合はまず手元にあるぬいぐるみから始めると良いでしょう。

ぬいぐるみ療法では特に動物でなくてもキャラクター物でも種類はかまいません。好きなぬいぐるみで良く制限は特にありませんが、より効果を得る為に知っておくと良い事もあります。その中でも特に挙げられているのが表情です。癒しや自分を投影する存在になりますので、その動物やキャラクターが泣いていたり不安な表情であると、その感情が移ってしまう事もあります。結果、安心感ではなく感情移入して不安や悲しみを共有してしまう事もあります。確かに好きなぬいぐるみで良いのですが、日によって感情は変化しますのでプラス思考になれる明るい表情のぬいぐるみの方が効果は高い傾向にあります。好きなキャラクターが悪役であっても問題はありません。悪役は正義の立場から見たものであり、悪役にも友人やライバル、後輩もいるでしょう。悪役も自分は仲間なので自分だけに優しいと感じる事も効果的です。好きなキャラが悪役だからといって避ける必要ないのです。ぬいぐるみ療法には致命的な注意点はなく、自分がそのぬいぐるみで明るく前向きになれて癒しを感じられる存在であるなら種類は何でも良いのです。

Copyright© 2019 感情をコントロールするために医療機関でも取り入れられている療法 All Rights Reserved.