感情をコントロールするために医療機関でも取り入れられている療法

この治療法の特徴を知ろう

ぬいぐるみ

基礎や選び方を知り自分に合うものを選ぶ

昨今、うつ病で悩んでいる、家族や仲間がいるが毎晩言い知れぬ孤独感に襲われる等といった症状で悩む人も少なくありません。現代では医療の進歩やこうした症状への理解等が進み、様々な症状を改善させるような治療法が確立されています。そんなうつ病等の改善に効果があるとされ、今注目を集めている治療法にぬいぐるみ療法というものがあります。ぬいぐるみと聞くと、子ども等精神が不安定な年ごろの患者に向けた治療法かと思われがちですが、大人のうつ病や孤独感に対しての効果があるとの研究結果が各所で発表されています。この治療法が世に知れ渡るようになったオランダの研究グループの報告によると、ぬいぐるみには人間の精神状態を落ち着かせ、それまで感じていた不安やストレスを軽減させる効果がある事が分かったという事です。ぬいぐるみ療法は、うつ病の改善や孤独感・不安感といったマイナスの感情等を緩和するだけでなく、自分自身で自らを癒すというより自分の気持ちを高めるという効果も期待出来ます。ぬいぐるみを自分に投影し、自分自身を抱く事で癒しの効果が得られ、より前向きになれるという効果も存在します。

そんなぬいぐるみ療法には様々な方法があります。自分の症状によってどんなぬいぐるみ療法が効果的かは変わってくるため、より自分の症状を改善してくれるような方法を選びましょう。普段の職場等の組織では上手く自分を表現出来ていない等、コミュニケーションに関しての不安や不満が悩みの原因の際には、ぬいぐるみに話しかける方法が良いでしょう。ぬいぐるみに話しかける事に抵抗がある人もいるかもしれませんが、仕事で起きた事や趣味の活動での楽しかった事等、様々なジャンルの事をぬいぐるみに聞いてもらう事によって思考能力を活性化する事により、脳が活発に働くようになり鬱屈としていた気持ちが少しずつ晴れてきます。また、組織で上手くやっているつもりだが1人になると言いようのない不安に襲われるといった症状で悩んでいる時には、ぬいぐるみに触れる治療法をおすすめします。何かに触れている事により安心感が得られ、不安感や焦燥感等を緩和してくれます。ぬいぐるみは単に見ているだけでも、視覚的な癒し効果が得られるので自分の好きな動物やキャラクターのぬいぐるみを見ているだけでも視覚的な癒しが得られます。自分にぴったりのぬいぐるみ療法を見つけ、もやもやとした症状を改善させましょう。

Copyright© 2019 感情をコントロールするために医療機関でも取り入れられている療法 All Rights Reserved.