感情をコントロールするために医療機関でも取り入れられている療法

ぬいぐるみにできること

悩む女性

感受性を高める

ぬいぐるみ療法は、心の病気に効果的ですが、同時にうつ病などの脳の病気にも効果的なのです。精神科・心療内科などでは、脳や心の調子が悪くなっているだけで、この調子を戻してやれば、精神面での症状も改善していくことを伝えています。例えば、心臓疾患にしても、心臓に病変をもたらす要因はいくつもあります。ストレスもその一つ、強いストレスがかかると交感神経の働きで心拍数が増え、負担になることもあり、心の疾患も同じなのです。このように、症状や悩みによって治療の組み合わせができるのもぬいぐるみ療法の特徴です。例えば、ただ気持ちを落ち着かせたい、安堵感や安心感を得たいのならば、バタフライハグとの組み合わせで、ぬいぐるみを抱きしめ、精神の安定を図ります。アルコールやギャンブルなど、何かしら依存性がある場合、焦燥感でじっとしていられなくなり、不安感が強くなることがよくあるそうです。気持ちを紛らわせるために、運動療法と組み合わせます。じっとしていられないから適度に外出させる、適度な運動に役立つトイを活用させる、そうした治療を提案しています。ぬいぐるみ療法は、ただ心安らかにさせるだけのものではなく、ときに医師に代わる存在として、聞き役に徹することもあるようです。

心の疾患にぬいぐるみ療法は適しており、精神科・心療内科でも取り入れています。使うぬいぐるみも、五感にアプローチする五種類程度に分けることができます。例えば、怒りの感情が現れたとき、人は拳を握り、歯を食いしばり、言葉も態度も乱暴です。ソフト素材のぬいぐるみは、拳をあててもケガを防ぐことができます。赤ちゃんの歯固めのように、歯で噛んでも丈夫な素材で作られたぬいぐるみも提供されています。腹立つ気持ちを押さえつけることは、反動が大きく、効果的ではありません。感受性を高めるためには、発散させるほうが良い場合もあります。冷静になったタイミングを見計らい、認知療法を取り入れた冷静な判断へと医師が修正させます。見る・聞く・嗅ぐ、こうした五感に作用するぬいぐるみを医師監修で製作しています。香り付きのぬいぐるみは、嗅ぐことでリラックスできるため、集中したいシチュエーションでも利用可能です。試験や発表会など、本領発揮したい場面では気分を落ち着かせたいものです。ぬいぐるみ療法では、嗅ぐだけでそれを可能にするワケではありません。アロマの香り、大好きな香り、それぞれに落ち着く香りがあり、それを纏わせるのです。安定剤の役割があるものの、副作用もありません。

ぬいぐるみ

この治療法の特徴を知ろう

ここではぬいぐるみ療法がどんな症状に効果があるかという基礎知識と、症状別に適したぬいぐるみ療法の方法の選び方等について記述してきました。ぬいぐるみ療法についての大まかな概要が分かる内容になっています。
カウンセリング

自分だけの味方

ぬいぐるみ療法に必要なのは自身が癒しやプラス思考を得られる好みのぬいぐるみだけです。ぬいぐるみだけなので掛かる費用は購入費用になりますが、サイズによって変わってきます。サイズも大きければ良いわけではありません。
女性

大人や高齢者にも有効です

ぬいぐるみは子供だけでなく、大人の心身を癒す効果があります。ぬいぐるみ療法は、両腕で抱きしめたり、頬ずりをしたり、一緒に寝ることで不安や緊張、イライラなどを緩和出来ます。うつ病や不安神経症、アダルトチルドレンなどに有効です。
おもちゃ

うつ病に効果的な治療

うつ病の人の心を癒す効果があるぬいぐるみ療法は、手軽にできる治療の1つです。ぬいぐるみだけ準備すれば良いのも魅力的ですね。自宅でも簡単にできる治療ですが、少しでも早く効果が出るように、まずは専門医と相談することから始めてみましょう。
悩む女性

ぬいぐるみが持つパワー

ぬいぐるみが持つスピリチュアルな要素に、医療機関も関心を深め、ぬいぐるみ療法を提案しています。心の疾患に効果的で、プレッシャーを感じる時に、ぬいぐるみを忍ばせておくだけで、お守りになります。医師と治療方針を決めて、しっかり治療しましょう。

Copyright© 2019 感情をコントロールするために医療機関でも取り入れられている療法 All Rights Reserved.